橘モータース

0294-72-0542

リースで買うならどこで買っても一緒?~ 2018.02.24 ~

どうも~、橘徹です!

 

今日は、マイカーリース買うならどこで買っても一緒なのか?

 

そんな疑問にお答えすべく、

 

マイカーリースを取り扱っているチャネルごとの特徴をお伝えして参ります!

 

「スーパー乗るだけセット」の画像検索結果

 

 

①ディーラー

「ディーラー ダイハツ」の画像検索結果

新車を買うときに、現物の車を見に行くときってディーラーに行かれる方が多いのではないでしょうか?

 

ディーラーでリースに注力しているところはまだ少ないですが、取り扱いを始めている会社もあるようです!

 

【メリット】

・買いたい車が決まって入れば、そのメーカー専門のスタッフから販売もメンテナンスもしっかりフォローを受けられる。

 

・そのメーカー内であれば情報や試乗車・展示車があり、車選びの参考になる。

 

【デメリット】

・残価設定型のクレジットが主流で、最近導入されたばかりか、導入されていないことが多く、マイカーリースに注力しているところが少ない。

 

・買いたい車が決まっていないと、各メーカーをあちこち回らなければならない。

 

 

 

②ガソリンスタンド

「マイカーリース コスモ」の画像検索結果

 

最近のガソリンスタンドは、新車の販売に力を入れる店舗も増えてきました。

 

ガソリンスタンドで新車を売る方法として、注目されているのが、このマイカーリースです!

 

【メリット】

・ガソリン代の値引きなどの特典がある

 

・整備工場が併設していて、自動車保険の取り扱いもあれば、車のことは全てOKのワンストップサービスが可能

 

【デメリット】

・実際はアルバイトが現場を運営している場合が多く、販売のプロが少ないのが現状

 

・ガソリンスタンド内に車両をたくさん展示することは法律で禁止されているため、車両販売する店舗はスタンドとは別に作っている場合が多い

 

・車検の検査ラインがない工場が多く、作業に時間がかかる

 

 

③中古車販売店

「中古車屋 」の画像検索結果

中古車販売店の中でも、新車の販売にも力を入れている店舗の場合は、マイカーリースを導入しているお店もあります。

 

【メリット】

・メーカーを問わずたくさんの展示車の中から実物をみて決めることができる

 

・販売に慣れているため、お客様のニーズに合ったぴったりの車選びが得意である

 

【デメリット】

・メンテナンスが不十分である場合がある

 

・残価設定額が高く設定されていることが多く、リース期間終了後の残価の清算で追い銭が発生する場合がある

 

残価が高いことが多い理由は、「スーパー乗るだけセット誕生秘話」のブログをご参照ください。

 

④整備工場

「コバック 工場」の画像検索結果

車検や一般整備をメイン業務とする整備工場です。

 

最近は新車販売に注力する会社が増え、マイカーリースを導入する店舗が増えています。

 

【メリット】

・アフターフォロー体制が整っている。

 

・自社でメンテナンスを行うことができるため、メンテナンス料がお得に組み込まれている

 

・どのメーカーの車でも選ぶことができる

 

【デメリット】

・残価設定額が低い場合が多く、月々の支払いが高くなる場合がある。

 

・ディーラーや中古車販売店に比べると、展示車両が少ない

 

・販売に不慣れな店舗もまだまだ多い

 

 

その他、オリックスや三井住友オートサービスなど、ネットで申し込みのできるリース会社もあります。

 

このように、それぞれのチャネルに強み・弱みがあることがご理解いただけると思います。

 

万能なものはありません。大切なのはそれぞれの特徴を踏まえて利用することかと思います。

 

 

買って終わりではなく、買って始まるサービス。

 

それがマイカーリースです。

 

ぜひ、安心して快適に乗ることのできるお店を選んでみてくださいね!

 

ではでは~(^_-)-☆

 

 

 

Menu